2011年9月25日

金沢 高尾城跡

Filed under: 城・城址,金沢 — Hideshirou @ 1:30 PM


高尾(たこう)城


高尾城 見晴台登り口


高尾城見晴台から
金沢市街地、日本海を望む
金石見晴台、大野の灯台、金沢港、県庁舎、内灘、宝達山などが一望できます。


案内板
Yahoo Map

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【高尾城跡】
たこうじょう、たこじょうとも言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【案内板の内容】
高尾.城跡は標高190m程の丘陵先端部一帯に所在する山城である。
史料中には、富樫氏の城として多胡城や富樫城などと見える。長享2年
(1488)の一向一棟(長享の一揆)によって攻め落とされた加賀国守護・
富樫政親の城として知られている。富樫氏は石川郡富樫郷を本拠地とし
た加賀を代表する武士団であり、建武2年(1339)に加賀国守護となった。
高尾城は非常時に楯籠る城砦として利用されていたと考えられ、平時は
野々市町住吉町扇が丘町に所在する守護所(富樫館)で政務を執って
いたとされる。
見晴らし台のあるこの地は通称「ジョウヤマ」と呼ばれる場所で、昭和45年
の土取りによってその大半が失われたが、背後の通称「コジョウ」には現在
も城の遺構が残されており、虎口(入口)や曲輪(削平地)、堀切(尾根を切
る堀)、切岸(急な斜面)、竪堀などが確認できる。たたし、これらの遺構の
特徴は、長享の一揆後の16世紀後半頃に築造きれたもので、元亀年間か
ら天正8年(1570~1580)の柴田勝家方の∵侵攻に備えた一向一揆勢が
関わった可能性が指摘されている。
金沢平野を一望できるこの地は、日本史上において重要な事件が起きた
場所であり、当時を偲ぶことができる数少ない城跡である。

平成21年 金沢市
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は、高尾城攻めである。
石川県教育センター近くにあると聞いていたので、行って見ることにした。
山側環状線、高尾南、ガソリンスタンドを左に曲がり、斜面を登っていく。
センター内の右側の駐車場に車を停める。
登り口がわからない???
センター周辺を歩きまわるがわからない??

そうだ、こういう時は軍師Bさんに電話をかけるのが一番。
「ふむふむ、なるほど」・・・「あっ、あれかな。」

教育センター正面から右へ向かい、駐車場の右端にイク。いや、行く。
舗装されていない奥に標識らしきものが見える。
「見晴らし台」と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Yahoo Map 『高尾城見晴台登り口

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 | TrackBack URI

コメントする

XHTML ( You can use these tags): <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> .