2007年6月23日

大乗寺

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 4:34 PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大乗寺山(野田山)と大乗寺
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
20070623_daijyouji_01.jpg   20070623_daijyouji_02.jpg


20070623_daijyouji_03.jpg


20070623_daijyouji_04.jpg   20070623_daijyouji_05.jpg


20070623_daijyouji_06.jpg   20070623_daijyouji_07.jpg


20070623_daijyouji_08.jpg    20070623_daijyouji_09.jpg
金沢の大乗寺山(野田山)の中腹に建っています。
1262年(弘長2) 富樫家尚が建立。
1340年(歴応3) 足利尊氏の祈願所となったという。
曹洞宗で金沢では有名な寺の一つです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ある人の厄除け祈願ということで、チャリで行って来ました。
野田専光寺線を上がって平和町から大乗寺に行けば
大した坂でもなかったのですが、
プッチーニさんの所によって一眼レフ28mm~300mmの
交換レンズを借りてから行ったのです。
それも、上菊橋から川沿いに大桑へ行けばいいものを、
寺町に上がり自衛隊の前を通り道がわからなく
外環状線のトンネルの上まで来てしまった。
そこから、野田山に向かえばいいのに
なぜか大桑町から外環状線に乗って大乗寺まで、
なぜこんな坂ばっかりを選んで回り道を…。
そのおかげで、境内の清々しさは倍増、すごくご利益があるような気がしてきた。
礼拝の後、仁王門横に釣鐘があったのですが突いていいのか分からなかった。
でも、横に「感謝」「土足で…」などかいてあるところを見ると、
自由に鐘を突いてもいいのではと勝手に解釈。
感謝って書いてある箱に御志納を入れ、願いを込めて突いてきました。
すごくいい音でした。近くで聞くとこんなにも余韻が長いのかと…
それとも、この釣鐘だけなのか??
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大桑町 外環状線

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 3:03 PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大桑町 外環状線
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20070623_sotokan_01.jpg

20070623_sotokan_02.jpg   20070623_sotokan_03.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大乗寺に行くのに道を間違えてつつじヶ丘方面へ。
ちょうど、外環状線トンネルの真上からの撮影。
県庁も見えるんです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上菊橋から野田山の花

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 2:39 PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上菊橋から野田山の花

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
20070623_ajisai_01.jpg   20070623_ajisai_02.jpg
★アジサイ(紫陽花)<アジサイ科> Hydrangea
土壌のpH濃度、アルミニウムイオン量によって様々に色が変化する。
花だと思っていたら萼(がく、ガク)だって、
花は中心の目立たないところにあるんだって??
青酸配糖体を含み、人などが体内に取り込むと中毒を起こす。
———————————————————
あまりに鮮やかな青だったので。
なんという紫陽花なのかは分かりません。
——————————————————— 
 
 
20070623_hana_02.jpg   20070623_hana_01.jpg
 
 

20070623_hana_04.jpg   20070623_hana_03.jpg


20070623_hana_06.jpg   20070623_hana_07.jpg
★パンジー(三色菫)<すみれ科>
花の色は、青、紫、赤、ピンク、黄、橙色など
 花言葉:物思い
 
 

20070623_hana_08.jpg   20070623_hana_09.jpg
★ガクアジサイ(額紫陽花)<ユキノシタ科>
花(ガク)に囲まれた粒状のところが本当の花。
花言葉:移り気
 
———————————————————–
額紫陽花の一種らしいのですが…?
中の芽は順番で咲くわけではないそうです。
周りに花が額のように咲くから額紫陽花というらしい。
でも、周りにあるのが花ではなくガクで、内にあるのが花だそうです。
ややこしいのです。
————————————————————
 
 
 
 
20070623_hana_10.jpg   20070623_hana_11.jpg
★キンシバイ(金糸梅)<オトギリソウ科>
Hypericum patulum(中国産)
花言葉:秘密
 
——————————————-
黄色、イエローオーカーの鮮やかの色。
昔、好んでよく使った絵の具の一種です。
——————————————– 

 
 
 
20070623_hana_12.jpg   20070623_hana_13.jpg
★ひめじょおん(姫女苑)<きく科> Stenactis annuus
5~9月に咲く。これが、雑草なのだそうです。甘い香りがする、素敵な花です。
若芽は食べられるそうです。(ここへ来るかっ)
花言葉:素朴で清楚
 
——————————————————————
本当は、すごく小さいのですが。
すっと伸びた茎の先に、なんとなく…かわいい花ですね!
今ひとつ可愛さが表現できなかった??
——————————————————————

 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
よく分からないが、純正の18mm~55mmに比べて若干ピンが甘いような。
手ぶれなのか、それとも被写界深度の距離が悪いのか、輪郭ににじみが…??
素人の自分には分かりません。
ただ、同じような撮影方法で、違いが出たので…腕の悪いのは仕方がない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 

 

2007年6月17日

卯辰山 花菖蒲園

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 4:12 PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
卯辰山 花菖蒲園
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いままで、あまり花は撮影したことがありません。
写真をクリックして拡大してみてください。
何とか見れると思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20070617_Syoubu_C-10.jpg 20070617_Syoubu_C-06.jpg

20070617_Syoubu_C-01.jpg

20070617_Syoubu_C-02.jpg  20070617_Syoubu_C-11.jpg

 

20070617_Syoubu_C-03.jpg

 

20070617_Syoubu_C-05.jpg

 

20070617_Syoubu_C-07.jpg

 


20070617_Syoubu_C-08.jpg
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「菖蒲」アヤメ(アヤメ科)5月中旬から下旬)花は花菖蒲に似ている。葉は剣状。
一般的にショウブの花と言うときは「花菖蒲」ハナショウブ(アヤメ科)のことを指すらしい。
野山に自生する花を江戸時代から改良してきたとある。
こちらで言うショウブ(菖蒲)はサトイモ科で蒲の穂のような花が咲く。
…らしい。詳しく知りたい方は、いろいろググってください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

卯辰山の紫陽花

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 3:37 PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
卯辰山の紫陽花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金沢市民の山、向山こと卯辰山。
標高150mもない山。学生時代は良くぶらぶら歩いた山。
なぜか、句碑、歌碑、顕彰碑などが多い?
泉鏡花、徳田秋声・・・が有名。
一般道路の脇から 花菖蒲園へ上がる道の途中に
紫陽花が咲いていました。

花の写真はプッチーニさん沢山綺麗に撮影されています。
私は、初挑戦!!
小さい写真は、何とも言い難いのでクリックして拡大してみてください。
何とか見れると思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20070617_Ajisai_C-02.jpg

20070617_Ajisai_C-04.jpg 20070617_Ajisai_C-05.jpg

20070617_Ajisai_C-06.jpg 20070617_Ajisai_C-07.jpg

20070617_Aoamacha_C-01.jpg 20070617_Aoamacha_C-06.jpg


オオアマチャという紫陽花の仲間だそうです。
実は、花の名前は全く分かりません。

『甘茶の作り方』
生葉は噛むと初めは苦みがあり、のどを刺すような刺激があるりますが、すぐに甘くなる。
葉を採取し水打ちしながら桶などに詰め一晩発酵させて、水気を感じなくなるまでもみます。
あとは、広げて天日で乾燥すると出来上がりです。
※フラボノイドモノ、フィロズルチンは砂糖の約1000倍の甘みがありということです。

20070617_Flower_C-03.jpg


20070617_Flower_C-05.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2007年6月16日

室生犀星(海と砂丘と尼寺)

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 7:55 PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
室生犀星(海と砂丘と尼寺)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
20070616_kanaiwa_01.jpg 20070616_kanaiwa_03.jpg
右の角が旧金石登記所(金沢区裁判所金石出張所)。
真っ直ぐの中ほどが犀星の下宿していたところだとか。
突き当たり左がHideの生まれ育った場所。(だからどうなのだ!)
左真っ直ぐに海が見える…はず?はず?
今は、もう見えないのである。

20070616_kanaiwa_02.jpg 20070616_kanaiwa_04.jpg
その、右を少し行った向かいが金石町小学校跡地。
(今は、児童公園と住宅に)
ここから、500メートル?金石の町外れに
尼寺・海月寺があります。横に立っているのは観音さまかな。

20070616_kanaiwa_05.jpg 20070616_kanaiwa_06.jpg
犀星が見たのとはほど遠い景色。今は埋め立てられて…どうなるのか?
この景色で金石に来ていたら、文学家犀星はいなかったかも。

20070616_kanaiwa_08.jpg 20070616_kanaiwa_07.jpg
私の子供の頃は、砂丘の上から尾山神社もヘルスセンター(サニーランド)も見えました。
今は県庁。県庁の後ろの山が卯辰山・医王山。
右が、白山だと聞いた覚えがありますが?自信がない?

20070616_kanaiwa_10.jpg 20070616_kanaiwa_11.jpg
本当に何もない海でした。見渡す限り砂浜と海。
子供の頃は何も無いから、いろんなことが想像できた。
海の中は?海の向こうは?空の向こうは?
たまに荒れるのもいい、静かなのもいい。海は雄大だ!空はもっと広大だ!
う~ん、やはり海はいい。
心が壮大でおおらかにになる。
特に夕日が落ちるときから、落ちて満天の星空が見えるときが一番いい。
それで、流れ星の一つ二つと海に向かって流れ落ちたら最高である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

  

2007年6月11日

人を動かす(デール カーネギー)

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 8:15 PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人を動かす(デール カーネギー)Dale Carnegie
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Dale Carnegie_1

先日、たまたま某書店である本を探していたら目にして買ってきてしまいました。
ある日、尊敬する人から、デール カーネギーの「人を動かす」を読んだらいい。
と薦められて買ったのがこの本です。人を動かす…には心を動かす。
このときは、本当に感動した記憶が。 その後、後輩に貸してそのままに…。
現在は改訂版で880万部突破だそうです。
原書名:How to win friends and influence people.
出版社:創元社
税込価格:1,575円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
二十歳ぐらいの時、社会人としてなにか役に立つと思い、孫子・呉
子・六韜三略・五輪の書等の兵法書、史記・三国志・劉邦と項羽・
孔子・孟子・老子、(このへんはちょっと意味が違うかもしれませんが)
読んだ記憶が。
このときは意味も分からず臨機応変がきかず、あまり役にたたなかった。
(佳の部屋で一部紹介してます。)
そのときは、あまり人には教えたくない…特に同僚には と思って
いたような気がする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2007年6月10日

世界遺産 ナスカ展

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 10:39 PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
世界遺産 ナスカ展(石川県立美術館)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
20070610_bijyutukan_1.jpg
ナスカの地上絵 それは「パンパ」と呼ばれる砂漠に描かれたジオグリフ。 
ナスカ文化は、紀元前100年から紀元7〇〇年頃まで南米ペルーの南部海岸地帯、その中でも砂漠地帯に約8〇〇平方キロの広さにわたって描かれたナスカの地上絵。
観覧料=大人 1200円
駐輪場は入り口手前にあります。
駐車場は日曜日もあって満車でした。
でも、次々と人の出入りがありますから、
ほとんど待たずに停めていました。
 
 
 

20070610_saisei_1.jpg 20070610_saisei_2.jpg
室生犀星生誕の地に建てられた室生犀星記念館
平成19年3月17日(土)~7月22日(日)の期間開催
しているとのこと
12歳から金沢地方裁判所に6年半勤め、19歳になった犀星は明治41年12月、自ら願い出て海の町、金石に転任しました。金沢市街からわずか数キロしか離れていないこの町で、それまでに味わったことのない情景と自由を満喫し、心を解き放ち、詩作に熱中しました。約10ヶ月という短い期間でしたが、計り知れない詩情とエネルギーを得、詩人への一歩を踏み出しました上京後も犀星は、帰郷のたびに金石を訪ねています。のちに生み出された作品からも、金石という存在の大きさをうかがい知る事ができます。金石の詩を曲にのせて数多く作曲されている犀星の抒情詩のなかから、金石の海をうたった詩、「砂丘の上」「かもめ」「海浜独唱」の曲をお聴きいただけます。室生犀星記念館のホームページより抜粋
http://www.city.kanazawa.ishikawa.jp/bunho/saisei/
駐輪場は特別なさそうでしたので入り口脇に止めました。
開館時間は9:30~17:00 入館は16:30までに
入館料は300円です。
 
 
 
20070610_saigawa_1.jpg 20070610_geijyutumura_1.jpg
室生犀星記念館から新橋を渡り犀川沿いに
                          金沢市民芸術村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
機会があれば雨宝院・海月寺・旧金石町小学校と下宿先周辺へ行って見ます。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  

2007年6月9日

金沢の夜景(日航ホテル)

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 9:51 PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金沢の夜景(日航ホテル)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
20070609_nikkou_2.jpg
噴水で作る文字、時刻なども表示します。
撮影したのは午後の7時10分前なのにまだ明るい。

20070609_nikkou_3.jpg 20070609_nikkou_7.jpg
金沢駅 鼓門(柱が鼓をアレンジして作られたからだそうです)

20070609_nikkou_1.jpg
今回のメイン日航ホテルからの夜景

20070609_nikkou_5.jpg 20070609_nikkou_6.jpg
30階のレストランが予約貸切で(結婚披露宴のようだ)
入れなかったので…
夜景の写真撮影は、やけいに難しい!(クッ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ある人との待ち合わせで早く着いたので駅の中をぶらぶら。
駐輪場は沢山ありますが日曜日は学生の自転車が置きっぱなしで
一階はほとんど満車状態です。
それと夜は出入り口が10時で閉まります。
う~っ、なんと帰りは歩いて帰りました。
たまにぶらぶらと歩くのもまた、いいものです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2007年6月2日

百万石まつり

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 4:15 PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金沢・百万石行列!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金沢駅からチャリで武蔵ヶ辻・大手門から金沢城へ
金沢駅の駐車場・駐輪場は満車。
金沢駅周辺は凄い人です。自転車どころか歩くのも大変。
エムザの駐輪場も満車。
でも、邪魔にならないところに停めれば何とかなります。
でも、ここはわりと空いています。
石川門からは行列関係しか入れません。
今年の前田利家公役は的場浩司さんでした。

20070602_100mangoku_01 20070602_100mangoku_02.jpg
  ミス百万石          武蔵ヶ辻での加賀鳶

20070602_100mangoku_03.jpg
  大手門からの菱櫓

20070602_100mangoku_04.jpg 20070602_100mangoku_05.jpg 
                    加賀獅子舞

20070602_100mangoku_07.jpg 20070602_100mangoku_08.jpg
  加賀鳶

20070602_100mangoku_09.jpg 20070602_100mangoku_10.jpg
  おまつの方

20070602_100mangoku_11.jpg 20070602_100mangoku_12.jpg
利家役の的場浩司  遠くて顔が…。

金沢駅からの出発場所から観るのが一番見ごたえがあるかも…です。
写真を撮りたいのなら広角・望遠レンズと脚立等を持ち歩いたほうがいいのでは…でも自転車に…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・