2007年8月21日

湖畔の花火!

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 9:11 PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
湖畔の花火
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
20070821_katayamazu_02.jpg
豪快に2ヶ所から打ち上げ!
 
 
20070821_katayamazu_03.jpg  20070821_katayamazu_05.jpg 
距離から見てもかなり大きい。 
20070821_katayamazu_04.jpg  20070821_katayamazu_06.jpg
湖畔に映し出される赤い火の影
 

 
 
  
20070821_katayamazu_07.jpg  20070821_katayamazu_08.jpg
 もう一箇所、3箇所から打ち上げるともっときれいそう…!
 

20070821_katayamazu_09.jpg
 蝶々?火の鳥ですか?
 
 

20070821_katayamazu_10.jpg  20070821_katayamazu_11.jpg
 これをいくつか合成すると、山下清風に…(無理か)
 
 
 
20070821_katayamazu_12.jpg
花火の軌跡が輝跡 
 もやっとしたはなび、まさに今の自分なのかも!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7時に仕事を終えそのまま、友人と直行!
打ち上げは9時からと言うことで、下道を原チャリ自動車??
黄色ナンバーの自動車でブラブラと行ってきました。
ここでもMioC323とC325の道案内。
MioC325は非常にうるさいのである。
これだけ話しかけてくると、一人旅にはいいのでは…!
ルートの設定は多少違いはありますが、
夜の田舎道でもしっかり案内してくれる、
なかなか頼もしい彼女たちである。

三度目の花火撮影
あいも変わらず出来は悪い!
三脚にリモコンスイッチが…来年までには是非買いたいと、
つくづく思いました。

今回は
ただ、じっと湖畔を眺めているほうが長かったかも…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
 
 

2007年8月16日

金沢駅東口 駅前ホテルから!

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 5:43 PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
豚もおだてりゃ木に登る。
馬鹿と何とかは高い所シリーズ?

金沢駅前 某ホテルから
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
2007_08_16_nikko_01.jpg
卯辰山方面
 
2007_08_16_nikko_02.jpg
 
  

2007_08_16_nikko_03.jpg  2007_08_16_nikko_04.jpg
 卯辰山方面         金沢城方面
 
 

2007_08_16_nikko_06.jpg
 これ見たら、ここがどこかは…?

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 

2007年8月14日

二上山万葉ライン

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 3:09 PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
二上山万葉ライン(高岡)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高岡市の郊外にある274mの山だそうです。
東峰(男岳)、城山西峰(女岳)山頂に沿って、
二上万葉ライン8.4kmのドライブウェイが走っています。
(冬季は閉鎖、春は花見で賑うそうです。)
 
 
 
20070814_futagami_01.jpg
城山山頂の見晴らし広場
氷見、能登方面
 
 
 

20070814_futagami_03.jpg  20070814_futagami_04.jpg
富山湾、海王丸パークの方向    高岡、富山平野(平和の鐘の横から)
 
20070814_futagami_05.jpg  20070814_futagami_06.jpg
平和記念像      蛇行した小矢部川
 
 
 20070814_futagami_02.jpg
ひと夏の人生いや蝉生を鳴き声に込めて!
 
 
 
 
20070814_futagami_07.jpg
ここから山頂へ(約5分)
 
 
20070814_futagami_08.jpg
大伴家持像
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
爽やかな夏です。
でも、本当は暑い、異常気象、湿気があるのが分かります。
夏の爽やかな天気にしては遠方が霞んでいます。
いつもの夏の気候なら、ずーっと視界が良いはず?
それと、
ここからの夜景がきれいなのだそうです。
 
 
金沢を7時ごろ出発して
8時ごろに、海王丸パークのライトアップを
それから、
9時ごろに、二上万葉ラインからの夜景を見て帰る。
という、コースはいかがですか!

素敵な友達が出来たら、是非ご一緒に。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 

海王丸

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 1:08 PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
海王丸パーク
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
富山県射水市海王町

海王丸パークの専用ドルフィンに係留し、
海に浮かぶ生きた帆船の姿を再現する形で保存し、
船内を一般公開するとともに、
帆船海王丸の最も美しい姿を再現するために、
訓練を積んだボランティアの方々の協力を得て、
年に10回程度、29枚すべての帆をひろげる
総帆展帆を披露しています。

このときに、是非見てみたものです。
それと、夏の夜はライトアップされているそうです。
 

20070814_kaioumaru_01.jpg
 
 
20070814_kaioumaru_02.jpg
 
 
 
20070814_kaioumaru_03.jpg  20070814_kaioumaru_04.jpg
 
 
 
 
 
20070814_kaioumaru_05.jpg  20070814_kaioumaru_08.jpg
 
20070814_kaioumaru_10.jpg  20070814_kaioumaru_11.jpg
 
20070814_kaioumaru_13.jpg  20070814_kaioumaru_14.jpg

20070814_kaioumaru_15.jpg  20070814_kaioumaru_16.jpg
 
 
 
 

20070814_kaioumaru_17.jpg  20070814_kaioumaru_18.jpg
 
 
 
20070814_kaioumaru_19.jpg
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は、ほんとうに爽やかな夏
Summertime に、ぴったりな空!
と言いたいのですが、写真で見る以上に暑い!
本当に暑い一日でしたが…。

少年時代は、すご~くあこがれていました。
風と波を操り、七つの海を駆け巡る!

浜育ちの私には、海を見ては、
遠い海外を想像したり、この空の向こうは…。
今は、ネットを利用して世界中を…と思ってはいますが?
反対にアナログ時代の物もすごくあこがれます。
羅針盤や星から計測して海図から位置を知る
星空、空、雲の動きなどで天候を予測する。
常に自然と対話しながら…自然を敬い、ときには恐れ。
船乗りでなくても、こういう考えは大切にしていきたいと思います。



友人が新たな船出が出来ますように…!
爽やかな空と海を…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
海王丸パーク http://www.kaiwomaru.jp/index.html
  
 
 
 

2007年8月13日

金沢21世紀美術館 朝顔(日比野克彦アートプロジェクト)

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 8:45 PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
金沢21世紀美術館 
朝顔(日比野克彦アートプロジェクト)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
20070813_asagao_03.jpg
 
 
20070813_asagao_02.jpg
 
 
20070813_asagao_01.jpg
 
  

 
20070813_asagao_04.jpg  20070813_asagao_07jpg.jpg
 

20070813_asagao_06jpg.jpg  20070813_asagao_05jpg.jpg
 

 
 
 20070813_asagao_09.jpg
タンポポにトンボ?
朝顔の方がはるかに沢山咲いていて綺麗なはずなのに、
なぜか一輪の黄色い花が愛らしく見えるのは…!
不思議である。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さわやかな女性に次いで
やっと、爽やかな夏です。

と言いたいところですが、外は非常に暑い。
何もしなくても、暑い。写真撮影しているだけでも
汗は私の低い鼻を伝わり一滴ふたしずくと大地へ

写真撮影技術の未熟さゆえに、暑さがつたわらない。
これが幸いし「爽やかな夏」に見える…のでは!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 

 

宮廷女官 チャングムの誓い展

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 3:01 PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「宮廷女官 チャングムの誓い展」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Dデーパートの8階催事場で行われていました。
NHK BS2にて完全版を放送中
(毎週金曜日午後7時45分~)韓国歴史
ドラマ『宮廷女官 チャングムの誓い展』

ドラマで実際に使われた衣裳や道具類を、
出演者の映像や写真とともに紹介します。
注目すべきは、宮廷の厨房「水刺間(スラッカン)」
などドラマセットの実物大の再現、“料理対決”に登場した
宮廷料理のレプリカによる再現などです。
(主催コメントより)

 
20070813_cyangumu_00.jpg
 

20070813_cyangumu_01.jpg
イ・ヨンエ(ソ・ジャングム役)
 1971年1月31日生まれ。
 14歳で雑誌の表紙モデルとして正式デビュー。
 
 

20070813_cyangumu_02.jpg    20070813_cyangumu_03.jpg
 水刺間(スラッカン)と水刺床(スラッサン、王の食膳)
ドラマセットの再現

 
 
20070813_cyangumu_04.jpg  20070813_cyangumu_05.jpg  20070813_cyangumu_06.jpg
TVのワンシーン
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドラマに関してのストーリー、感想はいろいろ書かれていますので
私からは、特別何も無いのですが。
「友達から、面白いから見てみては」といわれて
何気なく見ていただけです。
ただ、最後の方で感動してしまい、迂闊にも涙してしまったのである!
あえて「迂闊にも」といったのは、決して韓国ドラマだからという意味ではない。
日本のTVドラマをも含め、何かしら白々しさを感じてしまうのである。
年とともに、こういうものを醒めてみてしまうのは、非常に寂しいことだが、
いろいろ体験等してしまうと…仕方の無いことなのか?
でも、今回はこの白々しく当たり前なストーリー性に、
昔の純粋さ素朴さを感じてしまったのかもしれない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 

2007年8月12日

我が文明:グレイソン・ペリー展

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 5:38 PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
金沢市 21世紀美術館
「我が文明:グレイソン・ペリー展My Civilisation: Grayson Perry」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会期:2007年4月28日(土)- 2007年8月31日(金)
開場時間:10時~18時(金・土曜日は20時まで)
休場日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開場し、 翌日火曜日が閉場。
ただし5月1日(火)、8月13日(月)は開場)

  220070812_Grayson_01.jpg  220070812_Grayson_02.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
はっきり言って、よく分からない!
そのうちコメントを書くことにする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
 

2007年8月8日

モノクロームの街 金沢 (風情一)

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 12:00 PM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
モノクロームの街 金沢 (風情1 浅野川界隈)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Mono_200707_03.jpg


「あっ、月様、雨が!」ではなく泉鏡花の「滝の白糸」の一場面
像の横にあるボタンを押すと雨ではなく、
扇子の先から水が吹き上がるのです。

最初は笑ってしまいましたが(苦笑)
いきなり水が出てきて、服にかかったり、顔にかかったりで、
観光客には結構受けている様子。
私も、皆がいなくなってから…(笑)
 

Mono_200707_02.jpg

 

Mono_200707_01.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
爽やかサマータイムに反して(苦笑)

金沢は梅雨になるとモノクロームの世界に変わる!
日本でも雨の日が一番多いらしいが、雨量はそれほど多くはないらしい。

金沢の人は、あまりこういう風情は好まないのである。
暗く「どんよっと」した風情は、身も心も憂鬱にさせる。
挨拶でも「今日は、今にも泣き出しそうな空やね!」
と表現す場合がある。
Hideは、わりと好きである。

泣き出して、雨がポツポツ降りだした景色は、
周りを同化させ、今までとは違う金沢の顔を見せ始める。

今年は、少し気が滅入ることがありましたので、
あえて、少しさわやかな時期に掲載しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2007年8月4日

中日花火大会

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 12:00 AM

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
中日花火大会
(2007/08/04)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
20070804_hanabi_01H(800x500.jpg  20070804_hanabi_02H(800x500.jpg

20070804_hanabi_03H(800x500.jpg   20070728_hanabi_05H(800x500.jpg
 
 
 
20070804_hanabi_05H(800x500.jpg
 
  
 
20070804_hanabi_06H(800x500.jpg  20070804_hanabi_07H(800x500.jpg
 
 
 
 
20070804_hanabi_08H(800x500.jpg

 


 
  
20070804_hanabi_09H(800x500.jpg  20070804_hanabi_10H(800x500.jpg

 


20070804_hanabi_11H(800x500.jpg
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
花火第2弾というほどのものではない。
う~ん、花は好きになったが、花火は難しいのである!
今週も、犀川の川原で花火大会が行われた。
今回は、モノトーンの金沢ではない。それも、またいいのでは…!
 
  
花火は、やはり雰囲気で眺めることにしょう。
屋台が出ていて、賑やかに祭り気分で、浴衣姿で見るのもいい。
あの中には、今度は、彼女、彼氏と来たいと、
夢に憧れている人もいるだろう。
一度は来るんだ、とか。
それも、一度あれば十分かもしれない。 一生記憶に残るから!
 

人は星空を眺め「人とは、なんとちっぽけなものなのか」とか
花火を見ては「パッと開いて消えていく。なんと、はかないものだ。」
とか。それも一理ある。

私は、そういう考え方あまり好きではないのだ。
人には、そのはかないものを創ることもできれば、
感動させものを創ることもできる。
そして、感動することもできる。
 
 
ただ一人で草むらに寝っ転がって、星空を眺めながら観るのが、
こんなにも、いい気持ちとは気がつかなかった。

今夜は、星空と花火師に乾杯!(完敗)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・