2007年10月28日

塩野七生さん文化功労者に!

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 3:22 PM

 
今日も折角の休みなのに家でゴロゴロ…!
もう松葉杖もいらなく、かなり歩けるのだが…
今までは足全体が痛かったのですが、
石膏を外すと折れたと思われる場所だけがまだ疼くのです。
30日の日に結果が出るとのことです…
あと一週間、がんばろっと…!
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
20071027_shiono
 
塩野七生さんの文化功労者に
 
 

この人の名前を初めて聞いたのは、今から…年前イタリアに旅行に行ったときです。
ガイドがそこに塩野七生さんが住んでいます…シオノナナミその人誰?
(7月7日生まれだからだそうですが)

 
なぜその人の名前が頭から離れなかったのかはわからなかったのですが、
帰ってからも気になっていたので調べてみました。
そのときは『ローマ人の物語』が何冊か出版されていました。
その他にも
 
『チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷』
『わが友マキアヴェッリ フィレンツェ存亡』
『ロードス島攻防記』
『緋色のヴェネツィア 聖マルコ殺人事件』
『銀色のフィレンツェ メディチ家殺人事件』
も読んでみました。
 
 
戦記ゲーマーには
『ローマ人の物語』
『ロードス島攻防記』
 
初めて読むなら
『チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷』
『わが友マキアヴェッリ フィレンツェ存亡』
この辺でしょうか?
 
 
ここで一番魅了的に感じたのは
信長的なチェーザレ・ボルジアでは無く
ユリウス・カエサルやスキピオ・エミリアヌスでもなく
ハンニバルなのです。
「羊たちの沈黙」のハンニバル・レクターではありません。
(あの人も猟奇的なところを抜かしては、変に魅力的なところがありますが)
 
 
第二次ポエニ戦役。
特にアルプス越えからのハンニバル…
イタリアびいきの自分が、
なぜイタリアを攻撃して来るハンニバルを…
なぜか不思議な魅力を感じた覚えがあります。
 
 
それと同時に塩野七生さんにも…そしてイタリアーナにも!
ブラーバ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

2007年10月27日

秋篠寺の技芸天像

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 3:23 PM



 
20071013_hide_01  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足がない今は、部屋の中をごろごろ…!
ふと目に入った写真。
ついつい、足が動かせることに感謝して手を合わせてしまう。
(決してそんなに宗教心があるわけでもないのですが) 
 
この白黒とグレーの部屋には、なぜか技芸天の写真が…?
秋篠寺の技芸天。
唯一の芸術の仏様だという…
デザインの仕事をしているときに、奈良に住んでいた幼なじみが送ってきてくれました。
今は色が抜け部屋に合う色合いになりました。 が…
 

Lさん曰く、額装が…。  ですよねっ!
とりあえず飾ってみようという事で賞状を外しそのまま…
う~ん、何とかしなければ…。
 
 
 高村光雲氏の「老猿」を見てからは彫塑に興味がわき、
京都にある宝菩提院願徳寺の「菩薩半跏像」
教王護国寺(東寺)の仏像
福井小浜、羽賀寺「十一面観音菩薩像」
天平彫刻、貞観彫刻というのですか…?
衣の襞、ノミなどの、彫り跡に非常に惹かれるようになりました。
碌山美術館にある高村光太郎の「手」
ミケランジェロの「ピエタ像」などもですが…!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

2007年10月16日

経過報告 10日目

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 9:04 PM

骨折から十日目!

今日、病院に10時半の予約が入っていたので行ってくる。
診察の前にレントゲン撮影。
10時40分、看護婦さんが「Hさ~ん」。
今日は、予約時間に近かった。
先日は12時予約で診察が2時でした。さすがに…閉口!

先生がレントゲン写真を見るなり「おおっ…」
私は”ドキッ”として「せ、せんせ~い…」と言ってしまった。
「おおっ、可成り良くなっている。」
「こんなにも早く骨が戻っている。」
と言いながらレントゲン写真の折れていたと思われる場所を指さした。
ホッとしながら先生の指さす所をのぞき込んだ。
確かに1週間前の写真では指のつけ根に黒い筋が三本ともあった。
それがほとんど見えなくなっていた。
 
 
  
我ながら「うん、うん」さすがの快復力。まだまだ若い…!
…そう思うのは止めにしよう、もうコリゴリなのである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

 

2007年10月12日

その後の英四郎

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 10:28 PM

 
 


20071011_hide_04-250x.jpg
こんな記念撮影?はじめて!


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10月10日(水) この日の痛みは最悪だったかも!

風呂に入ってもいいと言われたので、
右足を浴槽の縁にかけて入る。
翌朝、足が腫れぼったく疼く…ウ~ン。
その足を引き摺りながら、松葉杖をつき会社へ。
両脇に松葉杖を抱えると、つい平行棒、吊輪を思い出し脚前挙…
そんなことしている場合じゃない。

会社のみんな、入れ替わりに情報室?へ挨拶に。
「どうした~ん」
「何したが?」
「車とぶつかったの?」
「うわ~っ、痛々しい…!」
来る人来る人に同じ説明…。でも、皆さんありがとう。

今日は、腫れも引きかなり軽快です。
でも、足には痛みを与えないでくださいとのことでした。
痛みを感じると言うことは、骨に負担がかかっているので
治りが遅くなるとのことです。

なるべく痛みが退くまでは湯舟には入らずに、
シャワーぐらいにしておいた方が良いみたいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

2007年10月8日

パンダの目?

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 11:05 PM

今日は、実に爽快な秋風、雲一つない青空、気持ちもウキウキ…!
ぶら~りスクールチャリ日和!
「グワァ~ン」何が起きたのだ???
まさに青天の霹靂
 
 
 
20071006_hide_x01
 
 
 
 
20071006_hide_x03
サルビア・シナロエンシス
Salvia sinaloensis
<シソ科 サルビア属>
コズミックブルー
花言葉:尊敬
 
20071006_hide_x05
メキシカンセージ (アメジストセージ)
Salvia leucantha
<しそ科サルビア属>
花言葉:家族愛
 
20071006_hide_x02
シュウメイギク(秋明菊)
Anemone hupehensis var.japonica
<キンポウゲ科アネモネ属>
花言葉:あせていく愛、薄れゆく愛 
 
20071006_hide_x04
 イヌサフラン(Colchicum autumnale L.)
<ユリ目イヌサフラン科>
花言葉:努力、頑固、悔い無き青春
球根や種子には、コルヒチンが含まれていて、
痛風薬として使われることがあるらしいが毒草です。
イヌサフランを園芸用に品種改良したものをコルチカムと言う。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
20071006_xxx3
 
20071006_xxx5   20071006_xxx1
 

帰りは四段ギア、爽快にトップギアでイキイキ!
「うわ~っ、前に婦人の女性がママチャリで?!?!」
ハンドルを逆ハン、ブレーキをかけよけた後は…

Bさんの話では転ぶときは1秒29コマの動画が
(詳しくは英四郎MKV、AVI動画の作成?)
1コマ1コマの静止画になるらしいのだが。

覚えていない…気がついたら大地に…
イスラム教の礼拝みたいにいきなり
顔面地面にこすりつけてお祈り?
いや、チベットの「五体投地」
大地に自然に身を任せ感謝!
これで御利益があればいいのですが?

自分の場合は「五体倒置」…


「ぎゃっははは~は」
見事なアイシャドーに骨折

Bさんが見たい見たいと言うので、掲載してしまいました。


今日は、休日でレントゲンとCTスキャンあとは応急処置。
特別異常がない?と言うことで、後日専門医の治療が…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2007年10月6日

東海北陸 伝統工芸祭(金沢城)

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 3:10 PM

東海北陸 伝統工芸祭 金沢城 二の丸広場 五十間長屋
10月6日(土)・7日(日)・8日(月) 9時~17時 (入場無料)
 
 
20071006_siro_01
二の丸広場、五十間長屋の中で開催していました。
 
 
20071006_kougei_c01
 
 
20071006_kougei_c02  20071006_kougei_c03
輪島塗
 
20071006_kougei_c04  20071006_kougei_c06
輪島塗         金沢漆器
 
 
 
20071006_kougei_c05
伝統的な輪島塗の茶碗
鈍い艶が何とも言えないです。
これに白いご飯を盛ると…美味しそうですね! 
 
 
20071006_kougei_d01  20071006_kougei_d02
 加賀獅子頭の実演 一つ彫るのに約一年かかるそうです。
 
20071006_kougei_d03
九谷焼絵付けの実演 
 
20071006_kougei_d04
これは、私ではありません。
輪島塗の体験絵付け??です。
「写真写してもいいですか?」って聞いたら
「どうぞ」と言って作業を始めてくれたのです。
ありがとうございました。
 
 
20071006_kougei_a07
石川門

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この日は、久しぶりの雲一つ無い爽やかな秋空!
青い空に、秋風が心地よい「ぶらりチャリ」

またもや金沢城…最近は金沢城公園のイベントが多いのです。
今回は、北陸東海の伝統工芸品が集結しているとのことでした。
加賀友禅、九谷焼、輪島塗、山中漆器、
金沢仏壇、金沢漆器、牛首紬、金沢箔
常滑焼、赤津焼、萬古焼、伊賀焼、瀬戸染付焼…
豊橋筆、三河仏壇、尾張七宝、一位一刀彫…
どれも、すばらしい物ばかりでしたが
タイトル通り金沢中心に写真掲載しました。

機会があれば各地方に赴て、
その地域の空気にふれながら鑑賞したいとお想いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 

2007年10月5日

兼六園ライトアップ「秋の宴」

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 7:23 PM

「兼六園 秋の宴」 ライトアップ 入場無料!
10月5日(金)~10月13日(土) 19:00~20:30
10月19日(金)~11月3日(土) 17:00~20:30

   
20071005_兼六園_01
兼六園の徽軫灯籠(ことじ) 

20071005_兼六園_03
 

20071005_兼六園_04
 

 
  
    
20071005_兼六園_05
噴水  
 

 
 
  
20071005_兼六園_06  20071005_兼六園_07
海石塔から翠滝     瓢池から海石塔 
    
20071005_兼六園_12
内橋亭から徽軫灯籠を見る
 
 
 

20071005_兼六園_11
内橋亭と霞ヶ池 

  
 
20071005_兼六園_14
 
  
20071005_兼六園_15
 雁行橋 から七福神山方向
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
兼六園は水戸の偕楽園、岡山の後楽園とならび
日本三名園のひとつと言われています。
 
宏大、幽邃、人力、蒼古、水泉、眺望の六勝を
兼ね備える、というところから兼六園と名付けられた。

今日は、真弓坂から入り時雨亭へ
霞ヶ池から内橋亭、そして雁行橋の方へ
徽軫灯籠、噴水、海石塔から翠滝、瓢池、そして真弓坂へと
はっきり言って写真より遙かにきれいです。
掲載しない方が良かったのでは…と思いました。
 
 
兼六園の夜がこんなにも幻想的且つ幽玄的な
風情だとは知りませんでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・