2008年2月23日

金沢城と雪だるま

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 12:18 AM


2008年2月16日 雪の金沢城公園


 
20080217_shiro_05.jpg
石川門の雪だるま
 
 
 
20080217_shiro_01.jpg
百間堀と石川橋 
 
20080217_shiro_03.jpg
束の間の晴れ間 
 
 
20080217_shiro_04.jpg
堀の水も凍りつく
今が一番寒いときかも?
 
20080216_shiro_021.jpg 
 
20080216_shiro_03.jpg 
三十間長屋
 
20080216_shiro_11.jpg   20080216_shiro_08.jpg
 
 
20080216_shiro_06.jpg
雪の花咲く冬の路
 
20080216_shiro_09.jpg
五十間長屋

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

  

2008年2月18日

金沢湯涌 茅葺き農家群(旧江戸村施設)

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 9:59 AM

  
 
20080211_kayabuki_01.jpg
 
 
 
20080211_kayabuki_03.jpg
 
 

 
 20080211_kayabuki_b04.jpg
旧平家(能登 柳田村)

 
20080211_kayabuki_b01.jpg   20080211_kayabuki_b05.jpg
 旧高田家住宅     旧野本家(能登 柳田村)

20080211_kayabuki_08.jpg   20080211_kayabuki_06.jpg
玄関 土間から      藁で作ったカニと鯛
 
20080211_kayabuki_04.jpg   20080211_kayabuki_05.jpg
 
20080211_kayabuki_c02.jpg   20080211_kayabuki_c04.jpg
蓑・橇(かんじき)    草鞋・薦(こも)ゴザ

20080211_kayabuki_c05.jpg
 流し(台所)
 
  
20080211_kayabuki_c03.jpg
囲炉裏と自在鉤(平家) 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
旧江戸村内の施設を順次新規移転地へ移築し、
新たな施設として整備しています。
 

御前9時~午後5時(入園無料)
毎週火曜日が休園
湯涌温泉バス停から歩いて15分、車で2~3分です。
 
 
1960年代ぐらいには、いたるところで見ることができた茅葺き農家。
 
湯涌温泉の白雲楼ホテルのオーナーが昭和四十年頃、趣味で集めた
建造物です。これらを金沢市が買い取り、文化庁との協力で施設を
順次移築。
 
 
こういう時代になった今、
この道楽に賞賛を贈りたいものです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログ内リンク
金沢湯涌江戸村】2010年9月25日オープン
 
 

2008年2月17日

兼六園の冬の花

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 11:06 PM

 
 
20080217_ume_01.jpg
 
 
20080216_ume_02.jpg
 
 
20080216_ume_01.jpg   20080217_ume_02.jpg
八重寒紅 
 
20070127_hana_01.jpg
冬桜
 
20070127_hana_02.jpg
万作 
 
 
20080217_roubai_01.jpg
蝋梅 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

 

2008年2月16日

冬の徳田秋声記念館

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 10:21 PM

 
 
20080203_syusei_02.jpg
 
 
 
20080203_syusei_03.jpg
 
 
20080203_syusei_04.jpg
 
 
20080203_syusei_05.jpg   20080203_syusei_06.jpg
 
 
20080203_syusei_b01.jpg
 
 
20080203_syusei_b02.jpg     20080203_syusei_b03.jpg
  秋声の本(明治篇)    秋声の描いた五人の女性

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「秋聲の本 明治篇―木版口絵と装丁の美―」
前期:平成19年12月 9日(日)~平成20年 2月17日(日)
後期:平成20年 2月23日(土)~平成20年 5月 5日(月)
 
金沢の三文豪のひとり、徳田秋聲(1871~1943)は、尾崎紅葉の
門下を経て、田山花袋、島崎藤村らとともに明治期の自然主義文
学運動の中心的存在として活動し、昭和18年に没するまで、明治
・大正・昭和と三代にわたり常に文壇の第一線で活躍した、文字通
り「大家」の名にふさわしい作家です。川端康成をして「小説の名人
」と言わしめた技巧の高さとともに、つねに弱者への視点を忘れぬ、
庶民の生活に密着した作風を特徴とします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

 

 

2008年2月10日

金沢湯涌 竹久夢二館

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 9:31 AM

 
 
竹久夢二館_1
金沢湯涌 夢二館
 
 
竹久夢二館_2
 
 
竹久夢二館内_1   竹久夢二館内_2
 
 
竹久夢二館内_3   竹久夢二館内_4
 
 
竹久夢二館内_5
 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
パンフ(表紙)       描かれた恋
 
 
笠井彦乃(御殿女中)     初春(港屋)
笠井彦乃「御殿女中」      初春(港屋)・・・・・

kurofuneya.jpg
お葉をモデルにした「黒船屋」 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金沢湯涌夢二館 「描かれた恋」

「夢二の描いた悲しみ」 (1月24日~4月13日)
 
 
・明治17年9月16日、岡山県邑久郡本庄村の酒屋に生まれました。
 本名、茂次郎
・19歳に早稲田実業学校へ
・『中学世界』に応募したコマ絵「筒井筒」が第一賞入選。
 初めて夢二の筆名を用いる。
・24歳で金沢生まれの岸たまきと結婚。
 たまきをモデルに「夢二式美人」が生まれる。
・『少女』誌上にさみせんぐさの筆名で「宵待草」の原詩が発表される。
・34歳で金沢市で「夢二抒情小品展覧会」を開催。
 
何度か金沢を訪れる。 
 
 
「宵待草」 
待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草のやるせなさ 今宵は月も出ぬさうな

正式には待宵草(マツヨイグサ)」と言う。月見草と同種の花です。
夜に開花して朝には萎んでしまう。

寄りを戻した岸たまきと2歳の息子虹之助を伴い、房総方面に避暑旅行する。
犬吠崎、海鹿島の宮下旅館というところに滞在する。
そのときに、夏休みに秋田から宮下旅館の隣家に転居していた家族を訪れていた長谷川カタに出会う。
翌年、再びこの地を訪れた夢二は彼女が嫁いだことを知り、自らの失恋を悟ってできた詩だという。
 
それで、時雨亭での篠笛演奏で「宵待草」が演奏されたのがうなずける。
 
岸 たまき
 (1882年7月28日 – 1945年7月9日、石川県金沢市出身、本名は他万喜)

 自立の為に早稲田鶴巻町に開店した絵葉書店「つるや」に、
 夢二が客として毎日店に通いつめた挙句、2ヵ月後には結婚
 にいたった。( 戸籍上唯一妻となった女性)

 夢二が彦乃を知った後のたまきと画学生東郷鉄春(青児)と
 の仲を疑い、富山県の海岸で夢二がたまきの腕を刺すこと
 によって破局を迎える。
 
笠井 彦乃と湯涌温泉に滞在。
 
お葉 「黒船屋」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

2008年2月9日

金沢城ライトアップ【冬の段】

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 2:15 AM

 
 
20080209_shiro_01.jpg
五十間長屋 
 
 
20080209_shiro_02.jpg
橋詰門 
 
 
20080209_shiro_03.jpg
石川門 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金沢城ライトアップ【冬の段】
平成20年2月9日(土)~10日(日) 17:30~20:30

秋以来のライトアップ
一人で鑑賞するには、少し寂しさを感じる…!
なにも語らずとも、友人と勝手気ままに写真を写すのも、
また楽しいものです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

兼六園ライトアップ【冬の段】

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 2:00 AM

 
 
20080209_kenrokuen_03.jpg
徽軫灯籠から唐崎松を見る 
 
 
 
20080209_kenrokuen_05.jpg
唐崎松 
 

 

  
20080209_kenrokuen_07.jpg   20080209_kenrokuen_04.jpg
雁行橋          唐崎松  
 
20080209_kenrokuen_12.jpg   20080209_kenrokuen_02.jpg
 翠滝           噴水
 
 
 
 
20080209_kenrokuen_09-1.jpg
 
 
 20080209_kenrokuen_11.jpg
栄螺山から
 
20080209_kenrokuen_06-1.jpg
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金沢城・兼六園ライトアップ【冬の段】
平成20年2月9日(土)~10日(日) 17:30~20:30
 
幻想的な篠笛の演奏
時雨亭にて藤舎眞衣さんによる横笛の演奏がありました。
 
いい音色でした・・・

生音は柔らかく、非常に優雅な音色だったのですが
音響設備を通された音色には高音の硬さと反響があったことが
只々残念に思いました。

今度は、アンプを通さず生音だけにして貰いたいものです。
 
 

三脚を持って行かなかったので、ブレがひどい・・・!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
兼六園
http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/

 

 

2008年2月8日

冬の金沢(I)

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 1:22 AM

 
 
20070127_ekinishi_01.jpg
駅西口方面 
 
20070127_ekinishi_02.jpg
 県庁方面
 
 
20070127_kanazawa_01.jpg   20080113_yuki_a05.jpg
材木町           東山 
 
20080117_yuki_a01.jpg   20080113_yuki_a04.jpg
金沢駅方面         主計町 
 
 
 
20070127_ie_03.jpg
○○の庭
 
20080113_yuki_a01.jpg   20080117_yuki_a03.jpg
 ○○邸
 
さくら
「マテ」と言われて健気に、じーっと待つ
我、愛犬!

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
雪の写真が少ないので、たいした写真ではないのですが
一つの記録として雪の写真を掲載しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  

 

2008年2月3日

金沢・冬の東山界隈 (2008-1)

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 8:38 PM

 
 
20080203_higasi_10.jpg
 
 
20080203_higasi_c04.jpg   20080203_higasi_c05.jpg
園長寺
 
東湯
東湯
 
自由軒
自由軒
 
徳田秋声記念館
徳田秋声記念館 
 
 
宇多須神社   龍の口蹲い
宇多須神社          蹲踞
 
山乃尾
山乃尾

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

東山と茶屋街

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 12:04 PM

 
 
東茶屋街01
東茶屋街 
 
 

東茶屋街02   東茶屋街03
 
 
東茶屋街04   20080203_higasi_05.jpg
 
 
 
芸妓さん_01
芸妓さん! 
 
餅搗き
 餅搗き
 
 

 
  
芸妓さん_02
きれいな…おねえさん! 
 
 
振る舞い餅_01
 
振る舞い餅_02   振る舞い餅_03
 
 
 
振る舞い餅_04
 振る舞い餅

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちょうど、東の茶屋街を通っていると
「うん、芸者さん・・・」
これは、見ないわけにはいかないだろうと思い、
何気につられて付いて行く。

餅搗きをしていた。
年配の方たちなのだろう、一搗きするごとに息が揚がっていく。
そこに係の人が「今日は振る舞い餅をしますので、引換券を配
りま~す。」というアナウンス。

おおーっ、今日は雨ながらなかなか良い日だ。
早速、引換券を貰いにいく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・