2008年9月28日

アヴァンギャルド・チャイナと東京ミッドタウン

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 3:00 PM

9月28日(日)

20080928_6pongi_01.jpg   20080928_6pongi_02.jpg
東京ミッドタウン

20080928_6pongi_03.jpg

 

 


20080928_6pongi_04.jpg
国立新美術館

20080928_6pongi_06.jpg

20080928_6pongi_07.jpg

 

 


20080928_6pongi_05.jpg
展示場入り口

 
xvid-0012.JPG

1_img.jpg
方力鈞

12.jpg
方力鈞

2_img.jpg
張暁剛

go_665_02.jpg
黄永

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『アヴァンギャルド・チャイナ』
会 場 : 国立新美術館企画展示室2E
会 期 : 2008年8月20日(水)~10月20日(月)
 
日本初の中国現代美術の網羅的、通史的な紹介
出品予定者:黄 永(ホアン・ヨンピン)、王 広義(ワン・グァンイー)、丁 乙(ディン・イー)、張 暁剛(ジャン・シャオガン)、方 力鈞(ファン・リジュン)、触覚小組(タクタイル・アート)/新刻度小組(シンカドゥ・グループ)、顧 徳新(グ・ダァシン)、馬 六明(マ・リウミン)、張 (ジャン・ホアン)、孫 原+ 彭 禹(スン・ユァン+ポン・ユゥ)、楊 振中(ヤン・ジェンジョン)、楊 福東(ヤン・フードン)、曹 斐(ツァオ・フェイ)、徐 震(シュー・ジェン)
 


『国立新美術館』 設計:黒川紀章/2007年1月21日 開館
国立新美術館:http://www.nact.jp/building_intro.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「六本木」
写真の周辺地図は「グーグルマップ」に掲載しました。
グーグルマップ

アヴァンギャルドな六本木

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 2:00 PM

9月28日(日)

20080928_6pongi_09.jpg
六本木ヒルズ 森タワー

 

 


joel-robuchon_02.jpg
ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション

20080928_6pongi_10.jpg   20080928_6pongi_12.jpg
リゾット&フォアグラ

20080928_6pongi_13.jpg
おしゃれなトイレ

 

 

 


20080928_6pongi_16.jpg   20080928_6pongi_15.jpg
六本木ヒルズ 展望台から 六本木ヒルズレジデンス

20080928_6pongi_28.jpg
スカイ アクアリウムII

20080928_6pongi_17.jpg
ニモ(クマノミ)だらけ?

20080928_6pongi_19.jpg   20080928_6pongi_21.jpg

20080928_6pongi_22.jpg   20080928_6pongi_23.jpg


20080928_6pongi_20.jpg
シロホシアカエビ(西部太平洋、インド洋)

 

 


 20080928_6pongi_30.jpg
「アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち」展
森美術館

 

 


20080928_6pongi_24.jpg   20080928_6pongi_25.jpg
六本木ヒルズ スカイデッキから

 

 


20080928_6pongi_26.jpg
COLD STONE 六本木ヒルズ店

 

 


20080928_6pongi_27.jpg
羽田空港

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』
シェフ、ジョエル・ロブション氏(ミッシュラン三つ星シェフ)が提案する、
全く新しいスタイルのフレンチレストランだそうです。
写真はリゾットとフォアグラです。
http://www.robuchon.jp/roppongi/
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
『アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち』
六本木ヒルズ 森美術館
2008年8月9日(土)~2008年11月3日(月・祝)

フランスを代表する女性アーティスト、アネット・メサジェを紹介する
日本初の大規模な個展です。
 

私感:ハッキリ言ってわからない、何なんだ?
ぬいぐるみとしてみた場合には幼児の残虐性とホラー映画のような
不気味さを感じてしまう。
ただオブジェ、造形物としてみた場合、色彩、配置など創作的感性
にかなり興味深いものを感じられた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
『スカイ アクアリウムⅡ with ペリエ カフェ』
期間: 2008年7月18日(金)〜9月28日(日)

「パラダイス ラグーン」の次には、真っ暗闇の中に色鮮やかな珊瑚、
水槽、そして熱帯魚が彩る12のアクアリウムが、まるで浮かび上が
っているかのように見える空間が現れます。
 

田舎者にはアヴァンギャルドな東京でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「六本木」
写真の周辺地図は「グーグルマップ」に掲載しました。
グーグルマップ

2008年9月27日

神奈川県美術展 (安藤)

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 4:47 PM

9月27日(土) 

20080927_yokohama_01.jpg
開港記念会館

20080927_yokohama_03.jpg
神奈川県庁舎

 

 


20080927_yokohama_12.jpg
開港広場前を通りジョナサンへ

20080927_yokohama_02.jpg   20080927_yokohama_02-2.jpg
県民ホール前の舗道

 


20080927_yokohama_04.jpg
産業貿易センター前のバス停

 

 


20080927_yokohama_07.jpg   20080927_yokohama_06-1.jpg
神奈川県立県民ホール    神奈川の美術展

yukari-andou_01-1.jpg
神奈川美術展 友人の作品(部分)

 

 


20080927_yokohama_11.jpg
山下公園

20080927_yokohama_08.jpg
首都高速湾岸線(横浜港)

20080927_yokohama_10.jpg   20080927_yokohama_09.jpg
山下公園から大さん橋・みなとみらい方向

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「羽田空港」→京急→「横浜駅乗換え」→みなとみらい線(普通)→「日本大通り」
みなとみらい線北町交番横から出る。

合う人合う人に確認するかのように地図を見せて場所を聞く 
県庁舎の周りをぐるぐる迷いながら県民ホールに辿り着く。
う~ん、今思えばなぜこの単純な路をぐるぐる廻っていたのか・・・?
 

会場の入り口に辿り着く「ふ~っ」と一息入れる。
受付嬢に「チケット売り場は何処ですか」と訊ねてみた。
嬢と言うにはややほど遠い感じの人でしたが
「チケットはいりません。無料ですからこのままお入りください。」
心の中で「ラッキー」といいながら前のコーナーへ入る。
正直なところ作品は見ていない友人の絵をひたすら探すように見わたす。
「この部屋には無い」心は逸っている。
部屋を出ていきなり階段を下りる。
そこには、造形物・・・おおっやはり東京(横浜)は違う!
面白いものを平気で創り、出展できるのだなと思いいながらもあまり目には入っていない。
・・・・「あった。ありました。」
(はい、これぐらいオーバーに、いやもっとオーバーに自分が入賞でもしたかのように)
部屋と部屋の仕切りがあり、見る人を誘うかのように・・・その先に絵が・・・。

友人の木炭画の前に立つ・・・感無量である。
熱いものがこみあげてくる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
【第44回 神奈川県美術展】 神奈川県民ホール ギャラリー
1期展「工芸・書・写真」2008年9月10日~21日
吉井 こころ、茂住青(草冠に青)邨、中山 洋之助、他
 
2期展「平面立体」2008年9月24日~10月5日
大石 麻央(立体)、安藤由香里(木炭画)、他

    
壁越し、窓越し、・・・雨音、風の音・・・じーっと耳を澄ます。
クラッシックの爽やかな音色・・・R&B・・・
いや、ブルース・・・そう、ブルースの心から響くメロディ
耳を傾け聴き入る。

黒人とのハーフのような顔立ち、異国から横浜に来て何を思うのか?
はっ、一筋の涙が---。。。

 
木炭画のタッチも素晴らしいです。
重厚さや激しさを押さえつつ一本一本に込められた柔らかい線での表現。
あふれ出る激しい気迫・・・・なのに、全体からは穏やかなる息吹が感じてくる。

と、勝手に想像してしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「横浜、県民ホール」
写真の周辺地図は「グーグルマップ」に掲載しました。
グーグルマップ

スカイ ザ バスハウス (塩保朋子)

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 4:00 PM


9月27日(土)


20080927_ueno_10.jpg
スカイ ザ バスハウス

 


20080927_ueno_10-1.jpg
塩保朋子さんの作品

20080927_ueno_10-2.jpg

20080927_ueno_10-4.jpg

20080927_ueno_10-3.jpg

20080927_ueno_10-5.jpg

 


 20080927_ueno_11-1.jpg
作者の塩保朋子さんと

 


20080927_ueno_081.jpg   20080927_ueno_09.jpg
谷中の古民家

  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スカイ ザ バスハウス(SCAI THE BATHHOUSE)
塩保朋子
美大を卒業出の若い作家ですが、
東京のスパイラル・インディペンデント・クリエーター・フェスティバルでグランプリを受賞。
 
厚手のトレーシングペーパーに、切り絵のように細かい模様を刻込んだものです。
作品を数枚重ねたり光を当て陰影を付けたりしてあります。
 

まず最初に見たときには気の遠くなるような細かい模様に感嘆させられました。
その模様は見る人によっていろいろなものへと想像させてくれます。
また、光をあてた陰影が何とも言えない幻想的且つ味わい深いものがあります。

※この掲載写真は展示物とは違います。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
art-Link アートリンク 上野 谷中 2008
9月27日~10月19日
丁度、この日から開催していた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「スカイ・ザ・バスハウス(SCAI THE BATHHOUSE)」
写真の周辺地図は「グーグルマップ」に掲載しました。
グーグルマップ

フェルメール展 (東京都美術館)

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 3:53 PM


9月27日(土)

  


20080927_ueno_02.jpg   20080927_ueno_01.jpg
フェルメール展 (東京都美術館 上野)

 


20080927_ueno_01-2.jpg
ワイングラスを持つ娘
(1659~1660・77.5×66.7cm )


20080927_ueno_01-3.jpg
ヴァージナルの前に座る若い女
(1670年頃・25×20cm)


20080927_ueno_01-4.jpg
手紙を書く婦人と召使
(1670年頃・71.1×60.5cm )


20080927_ueno_01-5.jpg
小路
(1657~1658・53.5×43.5cm )

 

 

 


20080927_ueno_06.jpg   20080927_ueno_07.jpg
東京藝大大学美術館       東京芸大

 


20080927_ueno_03.jpg   20080927_ueno_04.jpg
因州池田屋敷黒門   旧東京音楽学校奏楽堂

 

 


20080927_ueno_21.jpg
国立科学博物館

20080927_ueno_14.jpg   20080927_ueno_15.jpg
シロナガスクジラ     D51形蒸気機関車

 


20080927_ueno_19.jpg   20080927_ueno_20.jpg
上野公園噴水      東京国立博物館

 

  

20080927_ueno_17.jpg 


20080927_ueno_16.jpg
東京文化会館  茶廊 響

 


20080927_ueno_18.jpg
上野駅 山手線

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上野 東京都美術館 フェルメール展
ハッキリ言ってあまり興味はありませんでした。
凄いのはわかるが・・・
小さいときから見慣れているせいか、最近ではあまり興味の対象ではありません
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「上野」
写真の周辺地図は「グーグルマップ」に掲載しました。
グーグルマップ

2008年9月15日

木曳川(金石~金沢)1

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 6:10 PM


20080913_kibiki_01.jpg
金石町冬瓜橋(かもり)から
犀川河口船溜り近く

saigawa_kakou_01.jpg
昭和初期(中央少し左が木曳川河口)
※この写真は無断使用、転載禁止です。


20080913_kibiki_01-1.jpg
右側が木曳川 (左:要川)



20080913_kibiki_02.jpg
南無阿弥陀橋から合流点を見る
(旧松任宇ノ気線、金石港近く)

20080913_kibiki_03.jpg
大野湊神社方向

20080913_kibiki_04.jpg 20080913_kibiki_05.jpg
南無阿弥陀橋方向   州浜橋 銭屋五兵衛記念館方向


20080913_kibiki_06.jpg 20080913_kibiki_07.jpg
大野湊神社への橋      カルガモ一家が住んでいます。


20080913_kibiki_08.jpg
寺中橋から ここにもカルガモ一家が


20080913_kibiki_10.jpg 20080913_kibiki_11.jpg
橋の名前はわかりません    観音堂橋

20080913_kibiki_12.jpg
観音堂水門

20080913_kibiki_13.jpg
松村橋


20080913_kibiki_14-1.jpg 20080913_kibiki_14.jpg
示野新橋      奥:木曳川橋  右:イオン示野
この先は高速道路、八号線(木曳川橋)の下を通ります。

この先は次ページへ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昔は丁度木曳川の河口から犀川河口にかけて一帯に納屋、倉庫
が建っていました。
旧の魚の荷揚げ場もこの川下にありました。

木曳川横手(川上)に造船所があり、金石の港がありました。(港は今もあります)
子供の頃は、冬瓜橋(かもり)の下流の橋はありませんでした。

この先大野湊神社、観音堂、示野から8号線高速自動車道の下を通っていきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
木曳川 グーグルマップにルートを掲載しました。

http://maps.google.co.jp/maps/ms?msa=0&msid=109534192572481229286.0004573863ec7e7b30a79&ie=
UTF8&z=14

2008年9月14日

木曳川(金石~金沢)2

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 6:54 PM


20080913_kibiki_15.jpg
8号線バイパス方向
(示野橋、木曳川橋からの続きです)

20080913_kibiki_15-1.jpg
樋俣用水の出口ではと・・・


20080913_kibiki_16.jpg
若宮町

20080913_kibiki_16-1.jpg
二口町


20080913_kibiki_17.jpg 20080913_kibiki_18.jpg
戸板小学校裏(二口町) 西手橋から  ここにもカルガモ一家がいます。

20080913_kibiki_19.jpg
二口町 ふなはし 左は枝垂桜、右は染井吉野の木です。
(左:二口八幡神社)

20080913_kibiki_20jpg.jpg 20080913_kibiki_21jpg.jpg
豊田橋から        西方橋より上流

20080913_kibiki_22jpg.jpg
長田町 先はまめだ大通りです。

20080913_kibiki_23jpg.jpg


20080913_kibiki_24jpg.jpg
深川橋から
左:木曳川   右脇:樋俣用水

20080913_kibiki_25jpg.jpg
旧古道木揚場(三社木揚場)

20080913_kibiki_26jpg.jpg
左:鞍月用水 右:大野庄用水
木曳川の始発?終点?


20080913_kibiki_27jpg.jpg
旧大隅町  木曳川、鞍月用水、大野庄用水終着点

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一般的には木揚場までを木曳川と言っていますが、正式にはどこ
までを木曳川と言うのでしょうか?
木曳川は金石からの荷を運んでくるのでここが終着点?
鞍月も大野庄用水もここで合流するから終着点?

正式には大野庄用水もどこまで言うのでしょうか?バイパス近くまででしょうか?
たしか、まめだ大通りができるまで中橋の火の見櫓近くには材木屋が何件もあったような…。
これより下流の犀川では氾濫が激しく本流がどこなのか、氾濫ごとに本流が変わっていたのではと思われます。また、小さいときに聞いた話では何かにつけて水浸しになり人が住む場所ではないと聞いたことがあります。(中橋、二口より下流)
それと、子供の頃に犀川河口から櫓こぎで金沢を目指そうとしたことがありますが。
普正寺橋を渡ってしばらく行ったあたりから急に流れが早くなり子供の力(大人でも?)ではかなり辛いものがあった記憶があります。(川の流れが強くなる手前あたりではよく渦を巻くことがありました。)
故に、犀川の支流として木を曳く川として、なだらかな場所選んで造ったのではないかと推測できます。

http://maps.google.co.jp/maps/ms?msa=0&msid=109534192572481229286.0004573863ec7e7b30a79&ie=
UTF8&z=14

続きは、鞍月用水、大野庄用水・・・です。
機会があれば、歴史的政治的なものを調べるのも面白いかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2008年9月13日

要川(大野から金石)

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 10:46 AM


 


20080913_kaname_01.jpg
大野川

20080913_kaname_02.jpg
要川(大徳川)と大野川の合流場所(オオノマリーナ)
橋の下左側は金沢港へ

20080913_kaname_03.jpg   20080913_kaname_04.jpg
大野川方面方     無量寺方向(もろみ蔵近く)
この先左あたりに大野駅があったはず!(写真左)

 


 
 20080913_kaname_04-1.jpg   20080913_kaname_04-2.jpg

 


20080913_kaname_05.jpg   20080913_kaname_06.jpg
無量寺橋       無量寺橋から桂方向

 

 


20080913_kaname_06-1.jpg
桂橋

20080913_kaname_06-3.jpg   20080913_kaname_06-4.jpg
桂橋から桂町       桂(この先左大徳川)

20080913_kaname_07.jpg   20080913_kaname_08.jpg
桂から無量寺方向     桂から金石変電所と金石方向

 


 20080913_kaname_09.jpg
曙町から金石方向(左、県営金石団地)
 

 

 


20080913_kaname_10.jpg   20080913_kaname_12.jpg
金石竜源寺近く 奥は金石バスターミナル(旧電車線路脇と金石停車場)

kanaiwaeki_01.jpg
金石駅(昭和初~中期)
※この写真は無断使用、転載禁止です。

20080913_kaname_13.jpg
(左)金石バスターミナル 二枚橋 (正面)旧金石警察署

 

 

 


20080913_kaname_14.jpg   20080913_kaname_15.jpg
金石西1丁目あたり

 

 

 


20080913_kaname_16.jpg   20080913_kaname_17.jpg
要川の出口     (左)要川 (右)木曳川の合流地点

20080913_kaname_18.jpg
木曳川の出口 犀川へ

20080913_kaname_19.jpg
犀川河口

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金沢鞍月用水・大野庄用水の最後は犀川の金石にたどり着くか
大野川(浅野川)の大野に辿り着く。
 

金石の町の中を流れる唯一の川、要川。
大野、無量寺、桂から大徳方面に向かってる川は大徳川と言うらしい。
と言うことは金石から桂までを要川と言うのかもしれない。
 
昔は鮒やメダカ、ホタルが飛び交う川だった記憶がある。
おそらく金石・大野の町自体は漁師、廻船業、材木関係が多く。
また、地下水も豊富で用水の必要性は廻船物を運ぶためか排
水意外にあまり必要性が無かったのではと思われます。
農業は桂町、無量寺町、大徳町、寺中町で多いがこの辺も田に
引く水ぐらいで大きめの川は流れていない。
この、要川も大徳川も山手から海へと流れる川と言うより平野部
を縦横に流れる用水と言った方がわかりやすいと思います。
 
「北陸鉄道金石線」 写真が掲載されています。
http://c56123.hp.infoseek.co.jp/01kanaiwa.htm 
 
 
まず、上流(市街地)からだと分岐が多くわかりにくいので
河口からたどってみることにしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
要川のルートをグーグルマップに掲載しました。
http://maps.google.co.jp/maps/ms?msa=0&msid=109534192572481229286.0004573a574ecd02445c3&ie=
UTF8&z=15

2008年8月31日

五色まんじゅう(金沢の饅頭、餅)

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 12:00 AM


 

20080907_manjyu_02.jpg

五色まんじゅう(加賀五色生菓子)

 

 


20080907_manjyu_01.jpg
花嫁暖簾、○に越の饅頭の入れ物

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今では、なかなか見ることができなくなった。
金沢独特のものに花嫁暖簾と饅頭に窓付きの自動車に積んだ花嫁道具。
 
越山甘清堂の加賀生菓子 日月山海里
金沢で一般に「五色まんじゅう」「五色餅」と言われるものです。
 
「日、半分が赤く太陽表す」
「月、白の丸い饅頭、月に雁を表す」
「山、金色に輝く岩を表す」 
「海、菱形で波の重なるを表す」
「里、餡羊羹の四角は田を表す(現在は円形)」

将軍秀忠の息女が前田利常に輿入れしたときに納入されてから
祝い事に用いられるようになったと言われています。

謂われは諸説あるかもしれませんが、
祝い事ゆえにいろいろと験を担ぐのでしょうねぇ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・