2009年10月18日

馬篭宿(岐阜中津川)

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 10:41 AM


(写真が表示されない場合は↑タイトルをクリックしてください。) 

 


20091018_magome_01.jpg
ひるがの高原サービスエリア(東海北陸自動車道)

 
  

20091018_magome_02.jpg   20091018_magome_03.jpg
水車小屋
 
20091018_magome_04.jpg   20091018_magome_05.jpg
馬篭茶屋前        四方木屋
こういうイラストを昔描いたことあるなぁ…と!

utatsu20091018_06.jpg
藤村記念館

20091018_magome_09.jpg
馬篭脇本陣史料館

 

 


20091018_magome_07.jpg   20091018_magome_08.jpg
中山道馬篭宿  高札場

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
木曽馬篭宿】 木曽11宿の一つ。
藤村記念館】 島崎藤村:1872年(明治5年)馬籠村に生まれる。
          『破戒』『春』『家』『夜明け前』『幼きものに』・・・
YhooMap
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本昭和村(岐阜美濃加茂)

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 10:28 AM


(写真が表示されない場合は↑タイトルをクリックしてください。)


20091018_magome_10.jpg
正面広場と入場門

 


20091018_magome_11.jpg   20091018_magome_13.jpg
かいこの家、クラフト体験工房等

20091018_magome_12.jpg   20091018_magome_14.jpg

 


20091018_magome_15.jpg
村役場?

 


20091018_magome_17.jpg   20091018_magome_18.jpg
やまびこ学校       双六学校

20091018_magome_16.jpg
なぜか?中村玉緒さんが?
名誉村長だそうです。

 

 


20091018_magome_22.jpg   20091018_magome_21.jpg
かりん     木々も色づいてきました

 

 


20091018_magome_23.jpg
秋桜

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本昭和村
地図】(YahooMap)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2009年10月11日

大野こまちなみフェスタ 2009(金沢)

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 12:57 PM


 (写真が表示されない場合は↑タイトルをクリックしてください。) 


 
20091011_oono_21.jpg
金沢港

 


20091011_oono_01.jpg   20091011_oono_04.jpg
大野こまちなみの家々

20091011_oono_05.jpg

 


20091011_oono_02.jpg   20091011_oono_03.jpg
もろみ蔵

 


20091011_oono_06.jpg
醤蔵(ひしほぐら)

 


20091011_oono_07.jpg      20091011_oono_10.jpg
醤蔵 煙突        内部

20091011_oono_09.jpg

 

 


20091011_oono_11.jpg
粟森家

20091011_oono_13.jpg   20091011_oono_12.jpg
粟森家の展示品 弁吉愛用の品々(根付・絡繰・人形・象牙彫刻等)
 

20091011_oono_23.jpg   20091011_oono_27.jpg
大野弁吉屋敷跡入り口     屋敷跡の碑

20091011_oono_25.jpg   20091011_oono_24.jpg
屋敷跡からの金沢方向   金石大野やすらぎの林

20091011_oono_26.jpg
茱萸(ぐみ)

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『大野こまちなみフェスタ』
2009年10月11日(日)
金沢市大野町
 
大野こまちなみフェスタに来たのは、これで2度目になる。
今回は、大野弁吉を中心に巡ってみました。
 
こまちなみ公園などにていろいろなイベントも開催されていました。
個人的には粟森家の大野弁吉の資料展(無料)が興味深かった。

『金石大野やすらぎの林』
小学生の時に林の中を何度か散策したことがあります。
そのときはまだこの遊歩道はありませんでした。
日吉神社の裏辺りは少し気味が悪く、とても一人では歩く気がしなかったことを思い出しました。
林の中から「日吉神社の裏を通り神社に入ると罰が当たる」とも言われたことがあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【前回の大野こまちなみ】
 
【からくり記念館】大野弁吉
 
【からくり記念館】YahooMap 【粟森家】YahooMap 【大野弁吉屋敷跡】YahooMap  

2009年10月3日

越前大野城と勝山城博物館

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 1:16 PM


(写真が表示されない場合は↑タイトルをクリックしてください。) 

越前(福井)大野市


20091003_oono_25.jpg
百間堀 学びの里あたりから

20091003_oono_03.jpg   20091003_oono_04.jpg
柳廼社     民俗資料館(大野治安裁判所跡)

 

 


20091003_oono_05.jpg
城 登り口

20091003_oono_06.jpg   20091003_oono_07.jpg
遊歩道

20091003_oono_08.jpg
越前大野城跡碑

20091003_oono_09.jpg
大野城

20091003_oono_23.jpg      20091003_oono_22.jpg


20091003_oono_11.jpg   20091003_oono_13.jpg
天守閣からの展望

 

  


20091003_oono_14.jpg
百間堀

20091003_oono_15.jpg   20091003_oono_16.jpg
二階蔵           平成大野屋

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

勝山市 

20091003_katsuyama_01.jpg


20091003_katsuyama_02.jpg
勝山城博物館

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あそこに見える城へどうしたら行けるのかわからない。
とりあえず、大野商工会議所脇の駐車場に停めて建物に入る。
女子事務員らしき人が一生懸命なにかコンピュータを触っている。
「あの~っ」
女子職員「あっ、びっくりした…っ」と言いながら
どうしましたかという風な顔でこちらを見る。
「驚かしてすみません。あ、あの、城へはどうしたら行けるのですか・・・」と訊ねる。
実は、自分の方が驚いたのでしたが・・・

言われたとおりに、
工事中の道路を通り、裁判所横から
柳廼社の鳥居をくぐり、民族資料館を横目で見ながら柳廼社脇の
登り口から城に上りました。

 
帰りに、先ほどの事務員さんが駐車場を掃除していた。
また、驚かさないように少し大きめの足音をたてて歩いた。
気がついたのか、こちらを見て「ありがとうございました」と声をかけてくれた。

 
こういう盆地にある小さな街…いいですねぇ!

 
 
越前永平寺を目指してきたのですが思った以上に観光気分が味わえました。
『一乗谷』『朝倉氏遺跡』→『永平寺』→『越前大野市・大野城』→『勝山市』から
157号線で『白峰(白山市)』を通って帰りました。

なにか、面白いもの、真新しいものをみつけたら、もう一度来ようと思います。

 

越前大野城
織田信長の武将金森永近により築城。
城主は度々交代する。廃藩になるまでは土井氏の居城となる。
1968年(昭和43年)に萩原氏の寄付により天守閣と天狗櫓が再建。
 
遊歩道は20分ほどかかると書いてありましたが、
ゆっくりと歩いても15分ぐらいで着きます。
 
大野市民俗資料館
1889年(明治22年)大野治安裁判所として建築。
1889年(昭和43年)現在の地に移築し資料館とする。

越前勝山城
本当の勝山城は市役所横に城跡の碑が残っているだけみたいです。
「勝山城博物館」は姫路城や名古屋城を模した近代的な建築方法で
歴史上の城ではありません。

越前大野城地図 Yahoo


越前勝山城博物館
勝山城博物館地図 Yahoo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

永平寺・道元禅師(福井)

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 12:55 PM


(写真が表示されない場合は↑タイトルをクリックしてください。) 

 


20091003_eiheiji_01.jpg   20091003_eiheiji_02.jpg
正門 参道        参道のいろは紅葉

20091003_eiheiji_03.jpg
通用門(入り口)

 


20091003_eiheiji_04.jpg   20091003_eiheiji_05.jpg
吉祥閣~傘松閣 (派手?)

 

 


20091003_eiheiji_06.jpg   20091003_eiheiji_07.jpg
中雀門(左奥:仏殿)      左:庫院/右:山門

 


20091003_eiheiji_09.jpg
承陽門

 


20091003_eiheiji_10.jpg
承陽殿

 

 


20091003_eiheiji_12.jpg     20091003_eiheiji_11.jpg
庫院の回廊

20091003_eiheiji_13.jpg
回廊からの景色

 

 


20091003_eiheiji_14.jpg     20091003_eiheiji_15.jpg
山門の四天王

20091003_eiheiji_17.jpg
山門の聯と僧侶の説明

20091003_eiheiji_18.jpg
中雀門 その奥は仏殿

20091003_eiheiji_20.jpg     20091003_eiheiji_19.jpg
仏殿              僧堂

20091003_eiheiji_22.jpg

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なにげに観たDVD。
『禅 ZEN』 (中村勘太郎主演)
 
「春は花。夏ほととぎす。秋は月…」
「あるがまま…」
 
何年ぶりだろうか…何十年ぶりか?
ふと、永平寺に行ってみたくなった。
 
北陸の秋の朝。
雲一つ無い(少しあるか)ドライブ日和。
もう、じっとしていられない。
 
…ここらで禅のひとつも組んで、自分を見つめてみたいものである。

 
永平寺と言えば『永平寺そば』と『ごまどうふ』。
来たからには食べなくってワ。
う~ん、いーいー。
歯ごたえがあって
「スルッ」
喉ごしもいいなぁ。
大根おろしとそばを掻き混ぜて…ぐるぐるっと。
 
「うまいっ!」
 
最近、こういうところへ来て食べると一際旨く感じる。
ふむ、それとも例の薬の後味の悪さのせいなのか?

 


※僧侶は修行の身ですから撮影しないで下さい。
それ以外は撮影は自由でした。
ただし書画絵画類はフラッシュによる撮影は禁止です。
(これは、世界中厳禁です。美術品を強い光による劣化から守りましょう)
何でもかんでも撮影禁止にしている、どこぞの美術館や展示館も見習って欲しいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
永平寺
1244年(寛元二年)道元禅師によって開かれる。
曹洞宗の大本山。
 
正門→参道→通用門→吉祥閣→傘松閣→僧堂→承陽殿
法堂→仏殿→庫院→山門→東司→祠堂殿→売店→通用門
(※写真と名称が一致しないものもあるかも知れません)
 
道元禅師
1200年京都に生まれ14歳で比叡山に出家。
24歳で中国の天童山にて修行し座禅を教わり帰国。
波多野義重公の支援により越前に永平寺を開く。
 
 
映画 禅 ZEN』 『Amazon道元禅師関連書籍
道元禅師物語
 
大乗寺(金沢)ウィキペディア
大乘寺「漫画で読める徹通義介禅師の生涯」
総持寺 (輪島市) ウィキペディア
曹洞宗大本山總持寺(神奈川)
永平寺地図(Yahoo)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

一乗谷・朝倉氏遺跡(福井)

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 11:18 AM


(写真が表示されない場合は↑タイトルをクリックしてください。) 

 


20091003_itjyou_01.jpg
復元町並み入り口と駐車場

 


20091003_itjyou_03.jpg   20091003_itjyou_04.jpg
「ここからの景観をご覧下さい」と書いてあったので…

20091003_itjyou_05.jpg   20091003_itjyou_06.jpg
復元町並み

20091003_itjyou_07.jpg
復元されていない跡地

 

 

  


20091003_itjyou_08.jpg
朝倉館の唐門

20091003_itjyou_10.jpg   20091003_itjyou_20.jpg
朝倉館跡

 


20091003_itjyou_21.jpg
朝倉義景公墓所

 


20091003_itjyou_11.jpg   20091003_itjyou_12.jpg
湯殿跡庭園          空壕

20091003_itjyou_13.jpg
一乗谷川 から復元町並方向

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【一乗谷朝倉氏遺跡】
復元された家の中にはいろいろな展示物もありました。

あっ、『富田勢源道場跡』と佐々木小次郎が燕返しをあみだしたと言われている『一条滝』に行くのを忘れていた・・・・
今回は永平寺に行くのが目的だから…
「まぁっ、いいかぁ。」
いつか、また来る日もあるだろう。
 

※興味のある方は下記へアクセスしてみて下さい。
ウィキペディア
福井市 特別史跡 一乗谷朝倉氏遺跡
一乗谷城の戦い
朝倉義景
一乗谷ライブカメラ』 『一乗谷地図(Yahoo)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2009年10月1日

大腸ガ~ン!?

Filed under: 未分類 — Hideshirou @ 9:20 PM

会社の健康診断で血便があるので大腸癌の検査をするようにと言われる。
そんなはずはない(誰しもが思うように自分だけは…と)

 

当日8時00分、県立の某病院へ行く。
少し早かったらしく受付には誰もいなかった。
カウンターには受付順を記載する用紙が置いてあったので
名前を記入して、ソファで待つことにした。
 
うとうととしてきた頃に受付が始まった。
順番は20番目ほどだったと思う。
名前が呼ばれたので受付に行く。
受付では書類をクリアファイルに挟んで渡してくれる。
それを消化器内科の窓口にだすと
「内視鏡室へ行って下さい。
場所はそこを真っ直ぐ行って突き当たりを右に曲がった所にあります。」
やや足早で、言われたとおりに行く。
 
そこには、すでに4,5人がイスに座って待っていた。
私も同じように椅子に座って待つことにした。
しばらくすると、看護婦さんが来て内視鏡で検査するまでの説明を始めた。

 

「まず、2リットルの下剤を飲んで下さい。」と、えっ、2リットルも…。
他の人の顔を見渡すと同じような「えっ」という表情をしていた。
それをみると流石に声に出して「えっ」とは言えなかった。

2リットルの容器から紙コップに注いで2杯を10分おきに飲むのです。
その10分の間はなるべく散歩なりして歩き回って下さい。
そうすることで胃腸の働きがよくなり便も出やすくなりますのでとのことでした。

この下剤の味といったら、何とも言い難い気持ちの悪い味、今にも吐き出しそうな不気味な味。
そんなことも言っていられないのでひたすら飲み干す。
飲んだ後は、ひたすらうがいをし、言われたとおりにその辺りをうろうろと歩き回る。
3回目(6杯)辺りから散歩どころではない・・・トイレの前から離れられなくなる。
他の人はまだ平気らしく、あっちこっちへと散歩に行っている。

私の場合は4回目(8杯)で内視鏡の検査を受けれる状態になる。
これは良いことなのか悪いことなのかは分からないが。
 

あの2リットルの下剤が5回目、ちょうど10杯目で無くなった。
そのころには、あの気色の悪い味にも慣れてきていた…が、
やはり、もう飲みたくはない。

他の人たちは2リットル飲んでも、内視鏡の準備はまだのようで水を飲んでいる。

 

 
11時
内視鏡室へ入るのは、どうも私が一番最初のようだ。
予備知識もなく入るのはやはり不安なものである。
内視鏡室で後ろ開きの紙パンツに履き替えベッドに横たわる。
麻酔薬らしきものを注射されて検査開始である。
モニタに腸の内部が映し出されていた。
いつ挿入したのか分からなかったし痛みも全く感じなかった。(鈍いのであろうか?)
先生曰く、「大きいポリープと小さいポリープがありますね。」
「えっ」思わず声が出てしまった。
もう一度、奥のほうから調べている様子。

しばらく間がある・・・

「はい、大丈夫ですよ、癌の可能性はありません。」
「ただのポリープです。」
「でも、大きい方は取りますね」といわれたので、「はい、おねがいします」と間髪も入れずに応えたが、どうやって取るのか不安であった。

・・・・全くの心配はなかった。
内視鏡の先にある輪っかのようなものであっという間に、
カウボーイが投げ縄で牛を捕まえるが如くいとも簡単にポリープを
絡めて取り除いてしまったのです。

・・・その先は眠くってあまり記憶がない。

気がついたら椅子に座っていた。
一時間ほど寝ていたのであろうか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この日は6人ぐらいと少なかったようです。
いつもは10人から15人ほどいるそうです。

前日の21時以降は絶食で寝る前に下剤を2錠のみました。
摘出した場合は3日ほど刺激のあるものは食べない方がよい。
また、風呂も控えて下さい。シャワーはOKです。

最近での癌の死亡率は大腸癌が一番多いらしいので、
気になる方は早めに検診を受けてみては!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

内視鏡で痛みを感じないのは1,000人以上経験がある先生だそうです。