2012年10月13日

石川郡鞍月村(現金沢市南新保町) 道路元標

Filed under: 石川,神社仏閣,遺跡・史跡,金沢 — Hideshirou @ 3:00 PM

石川郡鞍月村(現金沢市南新保町) 道路元標
Yahoo Maps

南新保 八幡神社 左脇にあります。

——————————————————————————————————

2012年10月8日

石川郡金石町(現金沢市金石町) 道路元標

Filed under: 石川,遺跡・史跡,金沢,金石・大野方面 — Hideshirou @ 12:13 PM

石川郡金石町(現金沢市) 道路元標
Yahoo Maps

——————————————————————————————————

2012年10月7日

石川郡大野町(現金沢市大野町) 道路元標

Filed under: 石川,遺跡・史跡,金沢,金石・大野方面 — Hideshirou @ 12:00 PM

大野町 道路元標
Yahoo Maps

大野町消防分団脇

——————————————————————————————————

2012年2月24日

日本国道路元標と麒麟の像

Filed under: 観光・旅行,遺跡・史跡 — Hideshirou @ 4:00 PM


東京市道路元標
 

 

 日本国道路元標 複製

 
本物はここにあるのです。?!
日本橋の真ん中、首都高の下。
Yahoo Maps
Google Maps

 

麒麟の像 (彫刻家:渡辺長男)


『日本橋』の書体は徳川慶喜公筆だそうです。

映画『麒麟の翼』
確か、ここから始まって、ここで終わっていたような…。

——————————————————————————————————

2011年11月23日

合掌造り 菅沼

Filed under: 富山,観光・旅行,遺跡・史跡 — Hideshirou @ 4:00 PM

合掌造り 菅沼       Yahoo Maps

右:民俗館

塩硝の館

五郎平

合掌造り 菅沼       Google Maps

———————————————————————————-

合掌造り 白川郷

Filed under: 観光・旅行,遺跡・史跡 — Hideshirou @ 3:00 PM

 

長瀬家

合掌造り 白川郷   Yahoo Maps

Google Maps

———————————————————————————-

2011年10月2日

末森城跡(宝達志水町)

Filed under: 城・城址,石川 — Hideshirou @ 11:00 AM


押水バイパス(羽咋方向より)


押水バイパス (金沢方向より)


駐車場から登城案内


案内板


駐車場案内 『ここにもクマ注意!』


押水バイパス陸橋前にも駐車場があります。


末森山古戦場の碑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【末森城跡】 (羽咋郡宝達志水町)
宝達方向から159号線押水バイパスを走ると大きな看板が見えてきます。
駐車場から車で上がる場合は道が狭いので対向車には注意が必要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【案内板の内容】
末森城攻防のようす

押水の地は、能登の中でも最大の荘園でした。
この「大泉庄」は、宝達山系と海岸線か最もせばまつた地形にあり、
古くから加賀・能登・越中へ通じる交通の要となつていました。
天正12年(1584)、そのころ越中の富山城にいた佐々成政は、加
賀と能登を分断し、前田氏の戦力を弱めるのに最も適した未森城を手
にしようとしたのです。
成政は、同年9月8日の夜、1万5千の大軍を率いて越中の木舟城
を出発し、砺波の宮島から沢川(そうごう)を経て、今の津疇地内の
牛首に入りました。
9月9日には、先陣が吾妻野(東間)の天神山に達し、午後2時時に
本隊が未森城まであと4.5kmの坪井山に本陣をかまえました。
翌10日の朝、佐々軍は戦いを開始。この情報をいちはやく金沢城
に連絡したのが午後2時頃でした。
この報せを知った利家が、金沢城を出発したのが午後4時、そして
当日の午後9時には津幡城へ入り、後に続く利長を待って、津幡城を
午後11時に出先し、11日午前4時に未森城から1.5km西方の鯨骨
山に到着しました。そして数時間にわたる戦いの後、利家軍は未森城
のからめ手(城の裏門)より本丸へ攻め人りました。
形成不利とみた佐々軍は、隊を整えて退却しました。 しかし、前田
軍の援軍といっても数千人、城内にいた兵もわずか5百人たらずでし
た。一方の佐々軍の兵は1万5千の大軍でしたが、奥村永福田武勇と
前田軍の奇襲lこよって、佐々軍は乱れてしまいました。
数のうえでは優位であった佐々軍の後退は、遠く離れた敵地での補
給や、退却する道の確保が困難との判断から、余裕のあるうちに後退
したのでしょう。
佐々軍は、河北郡の横山を通り、津幡町の吉倉山から島越城を経て
倶利伽羅城へと弓lき上げました。
前田利家の戦勝によって、織田信雄(信長の二男で、秀吉の怒りに
ふれて追放)や徳川家康に対抗していた豊臣秀吉にとっては有利なも
のとなりました。
この戦い以降、前田利家は勢力を越中にまでのばしますが、未森合
戦こそ前田方が加賀・能童・越中の三国を支配するきっかけとなった
のです。

※裏面に点字と音声による案内板があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Yahoo Map 『末森城駐車場』 『碑の場所

2011年9月25日

金沢 高尾城跡

Filed under: 城・城址,金沢 — Hideshirou @ 1:30 PM


高尾(たこう)城


高尾城 見晴台登り口


高尾城見晴台から
金沢市街地、日本海を望む
金石見晴台、大野の灯台、金沢港、県庁舎、内灘、宝達山などが一望できます。


案内板
Yahoo Map

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【高尾城跡】
たこうじょう、たこじょうとも言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【案内板の内容】
高尾.城跡は標高190m程の丘陵先端部一帯に所在する山城である。
史料中には、富樫氏の城として多胡城や富樫城などと見える。長享2年
(1488)の一向一棟(長享の一揆)によって攻め落とされた加賀国守護・
富樫政親の城として知られている。富樫氏は石川郡富樫郷を本拠地とし
た加賀を代表する武士団であり、建武2年(1339)に加賀国守護となった。
高尾城は非常時に楯籠る城砦として利用されていたと考えられ、平時は
野々市町住吉町扇が丘町に所在する守護所(富樫館)で政務を執って
いたとされる。
見晴らし台のあるこの地は通称「ジョウヤマ」と呼ばれる場所で、昭和45年
の土取りによってその大半が失われたが、背後の通称「コジョウ」には現在
も城の遺構が残されており、虎口(入口)や曲輪(削平地)、堀切(尾根を切
る堀)、切岸(急な斜面)、竪堀などが確認できる。たたし、これらの遺構の
特徴は、長享の一揆後の16世紀後半頃に築造きれたもので、元亀年間か
ら天正8年(1570~1580)の柴田勝家方の∵侵攻に備えた一向一揆勢が
関わった可能性が指摘されている。
金沢平野を一望できるこの地は、日本史上において重要な事件が起きた
場所であり、当時を偲ぶことができる数少ない城跡である。

平成21年 金沢市
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は、高尾城攻めである。
石川県教育センター近くにあると聞いていたので、行って見ることにした。
山側環状線、高尾南、ガソリンスタンドを左に曲がり、斜面を登っていく。
センター内の右側の駐車場に車を停める。
登り口がわからない???
センター周辺を歩きまわるがわからない??

そうだ、こういう時は軍師Bさんに電話をかけるのが一番。
「ふむふむ、なるほど」・・・「あっ、あれかな。」

教育センター正面から右へ向かい、駐車場の右端にイク。いや、行く。
舗装されていない奥に標識らしきものが見える。
「見晴らし台」と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Yahoo Map 『高尾城見晴台登り口

鳥越城と一向一揆の里

Filed under: 城・城址,石川 — Hideshirou @ 11:30 AM


道の駅 一向一揆の里


一向一揆歴史館


農村文化伝承館

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


登城口


加賀一向一揆 鳥越城址碑


鳥越城址 案内板


あやめが池


案内板


「一揆やぶれて山河あり」碑と後三の丸
駐車場から、すぐに見えます。
後二の丸、後三の丸からの攻撃。
後三の丸を落とせば攻めやすくなりますが、
実際は、馬場、三の丸から攻めたのでしょう。


後三の丸


後三の丸の案内板


本丸西側


本丸西側の案内板


枡形門と本丸櫓門


枡形門と本丸櫓門


ここで集中攻撃をうける


狙い撃ちし易いのである


本丸跡


本丸櫓門を見る


後二の丸と金沢方面を見る


中の丸と中の丸門


中の丸、前二の丸、前三の丸へ


中の丸門


外側から攻めてみる


前二の丸


前二の丸の案内板

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
コオロギ(蟋蟀)


赤とんぼ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【道の駅 一向一揆の里】
食彩館”せせらぎ”
■ 営業時間
直売所 AM 9:00~PM4:00
そば処 AM11:00~PM4:00
※冬季営業時間(12月~4月まで)
直売所 AM 9:00~PM3:00
そば処 AM11:00~PM3:00

※12月~4月まで月曜休み
■ 石川県白山市出合町甲36番地
■ TEL 076-254-2888

【鳥越城】
城主:山内惣庄の旗本鈴木出羽守。
織田信長による加賀一向一揆討滅へ。
天正8年(1580年)柴田勝家軍によって落城。
その後も白山麓門徒は抵抗し攻防戦が続く。
天正10年(1582年)佐久間盛政によって鎮圧さる。
三百余人が磔に処せられる。

平成13年に整備復元された。

織田軍、柴田勝家、佐久間盛政の戦慣れした武将には 取るに足らない砦(城)であろうが、 近年まで金沢を尾山(尾山御坊)とよんでいたのをみると、心までは攻め落とせなかったのであろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
白山市農村文化伝承館  ▼鳥越一向一揆歴史館  ▼道の駅 一向一揆の里
●Yahoo Map 『鳥越城址登り口 / 駐車場

2010年11月20日

那谷寺と奥の細道

Filed under: 石川,神社仏閣,観光・旅行 — Hideshirou @ 3:00 PM

那谷寺本殿

楓月橋からの三重塔

あそこへ行って見ることにしました。

真っ直ぐ行くと本殿へ、左脇から奇岩遊仙境へ

奇岩遊仙境

 

芭蕉の句碑
「石山の石より白し秋の風」
元禄二年八月五日
当時は松の名勝地だったそうです。

鐘楼(国指定重要文化財)

——————————————————————————————————